ダイハツ

新車ブログ > ▼メーカー別 » ダイハツ

ダイハツ 車種別目標値引き額一覧

クルマの買い替えなら更に割引きを引き出せる!
もしあなたがすでに車に乗っていて、新車と乗り換えるつもりなら、新車の割引きだけではなく、今乗っている車の本当の買取価格を知っておくことは重要です。
「すでに10万キロ超えてるし、無料で引き取ってくれさえすればそれでいい」と思っていても、プロに査定してもらうとディーラーでは全く値段がつかなかった車が高く買い取ってくれた!というケースもザラです。適正な買取価格を知れば、不当に買いたたかれることもなく20万円も得したケースもあります。

方法はいたって簡単。ネットで査定に申し込むだけ。たった30秒程度の入力ですぐに愛車の価格がわかります。

ほんの少しのひと手間で○○万円得するかもしれません。まずは、かんたん車査定ガイドであなたの愛車の価格を申し込んで愛車の適正な価値を知りましょう。

→→申し込み簡単の愛車無料査定はこちらから



キャスト スタイル

ダイハツのキャストは、新ワゴン感覚の個性的なオシャレ軽自動車をコンセプトとして方向性の異なる3モデルが展開されている軽自動車である。キャストは、丸目デザインのヘッドランプと大型ハニカムグリルが3モデル共通の特長でオシャレな今どきの一台に仕上がっている。その中でもスタイルは、他のアクティブやスポーツとは異なり、都会的かつベーシックな味付けで、インテリアも落ち着きのある水平基調のデザインとなっている。ライバルはずばりホンダのN-ONEを意識している。キャストにはムーヴで培った軽量高剛性ボディと足回りによって高いハンドリング性能や操安性を実現したフォースコントロールが採用されているので軽自動車と思えない運転が可能。燃費についてもノーマルエンジンで30km/L、ターボモデルで27.0km/Lを実現しているので減税対象になっている。さらにダイハツ自慢の衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」が採用されている。キャスト・スタイルは登場直後ということもあり、2~3ヶ月程度待たなければならないほどの人気であるので、欲しい場合は短期決戦で交渉しよう。

キャスト スタイル目標値引き額:8万円

キャスト スタイルの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。ホンダのN-ONEをかなり意識しているので必ず競合させよう。予算は○○円と伝え少しでも有利に交渉をすすめよう。現状、オプションを含めて10万円の値引きができれば素晴らしい。


【基本データ】
登場年月 : 2015年9月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 122万400~164万7,000円


キャスト アクティバ

ダイハツのキャストは、新ワゴン感覚の個性的なオシャレ軽自動車をコンセプトとして方向性の異なる3モデルが展開されている軽自動車である。キャストは、丸目デザインのヘッドランプと大型ハニカムグリルが特長のオシャレで今どきの一台に仕上がっている。その中でもアクティバは、力強さを感じさせてくれるクロスオーバーテイストに味付けされている。キャスト・アクティバは、スズキのハスラーに対抗しているためか、専用のバンパーアンダーガードやサイドドアモールが装備されワイルドなテイストに仕上がっている。車高も他のモデルよりも30mmアップし最低地上高を180mmに設定されているが、軽量高剛性ボディと足回りによって高いハンドリング性能や操安性を実現したフォースコントロールが採用されているので安心。燃費もハスラーには今一歩およばないものの30km/Lを実現している。さらにダイハツ自慢の衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」が採用されている。キャスト・アクティバは登場直後ということもあり、2~3ヶ月程度待たなければならないほどの人気である。

キャスト アクティバ目標値引き額:8万円

キャスト アクティバの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。スズキのハスラーとは必ず競合させ、予算は○○円と伝え少しでも有利に交渉をすすめよう。オプションを含めて10万円の値引きができれば素晴らしい。


【基本データ】
登場年月 : 2015年9月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 122万400~164万7,000円


新型ムーヴ(ムーブ)

ダイハツの主力車種であるムーヴは、各社がしのぎを削るハイトワゴンタイプの軽自動車である。今回のフルモデルチェンジによって、外見は落ち着いたが、ボディー構造とシャーシ性能を見直し、乗り心地がよくなった。これまでムーヴの特徴であった横開きのバックドアが一般的な跳ね上げ式に変更された。燃費もNA31.0km/L、ターボで27.4km/Lと向上している。さらにダイハツ自慢の衝突回避支援システム「スマートアシスト」を選ぶことができる。このスマートアシストも進化し、軽自動車初の後方急発進抑制機能が加わった。安全装備が充実していることは見逃せない。フルモデルチェンジ後ではあるが生産体制が安定しているため、今なら1~2ヶ月程度で納車してもらえる。

ムーヴ目標値引き額:10万円

ムーヴの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。スズキのワゴンRとは必ず競合させ、予算は○○円と伝え少しでも有利に交渉をすすめよう。オプションを含めて13万円の値引きができれば素晴らしい。


【基本データ】
登場年月 : 2014年12月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 113万4,000~149万5,800円


新型ムーヴカスタム

ダイハツのムーヴカスタムは、ムーヴをベースにスポーティにドレスアップしたモデルで、全車にアルミホイールが装着されている。今回のフルモデルチェンジによって、これまで以上にゴージャス&クールになった。しかもメッキとLEDを使って装飾したハイパーモデルが新たに設定される。外見や内装だけではなく、ムーヴカスタムのハイパーモデルには専用にチューニングされた足回りがあたえられ走りも一味違ったものになっている。また、燃費もNA31.0km/L、ターボで27.4km/Lと向上している。ムーヴカスタムにも、ダイハツ自慢の衝突回避支援システム「スマートアシスト」を選ぶことができる。フルモデルチェンジ後ではあるが生産体制が安定しているため、今なら1~2ヶ月程度で納車してもらえる。

ムーヴカスタム目標値引き額:8万円

ムーヴカスタムの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。スズキのワゴンRスティングレーとは必ず競合させ、予算は○○円と伝え少しでも有利に交渉をすすめよう。オプションを含めて12万円の値引きができれば素晴らしい。


【基本データ】
登場年月 : 2014年12月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 140万4,000~179万2,800円


ウェイク(WAKE)

ダイハツのウェイクは、売れ筋のハイトワゴン系のタントをさらに85mm高くした超背高のウルトラスペースの軽自動車。ウェイクは、ウルトラスペースという名が示す通り背高によって生じた室内空間の広さが最大のポイントで、何もかも広々しているためキャンプや釣り、サイクリングやサーフィン、スキー、登山などのレジャーに強い一台に仕上がっている。前輪をはずさずにロードバイクが2台積める積載力は、他の競合車を圧倒している。衝突軽減ブレーキのスマートアシストも搭載。さらに最新の燃費技術イーステクノロジーによって燃費も25.4km/L(ターボで23.8km/L)の低燃費を達成している。ウェイクは非常に人気が高いため、注文後2ヶ月前後で納車の見込み。

ウェイク目標値引き額:9万円

ウェイクの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。しかもウェイクは新ジャンル車のため、競合が見当たらない。今のところスズキのハスラーと競合させれば値引きを引き出せるはず。オプションを含めて18万円の値引きができれば素晴らしい。


【基本データ】
登場年月 : 2014年11月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 135万~187万3,800円


新型コペン

ダイハツのコペンは、2012年の生産中止から約2年を経て復活した軽オープン2シーターのスポーツカーである。オープンカーとクーペを簡単にチェンジできる電動アクティブトップによって1分とかからない。今回のフルモデルチェンジによってドレスフォーメーションというシステムが新たに加わり、パーツ交換によって比較的容易に内外装のボディカラーやスタイリングを変更できるようになった。燃費性能もスポーツカーとしては非常に高く25.2km/Lをマークしている。コーナリングや走りはしっかりと作り込まれているので、一度ハンドルを握ればコペンのよさがわかるはず。フルモデルチェンジ直後ということもあり注文殺到している状態なので若干納車が遅れ気味。いまなら注文後2ヶ月程度で納車してもらえるはず。

新型コペン目標値引き額:4万円

新型コペンの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。さらにコペンの場合趣味性の高いクルマなので、なかなか値引きを引き出すことは困難。まずはオプションの値引きの交渉からはじめると効果的。同様に趣味性の強いスズキのハスラーを競合させながら、様子を見つつ無理せずに交渉していこう。オプションを含めて5万円の値引き目標で攻めよう。


【基本データ】
登場年月 : 2014年6月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 179万8,200円~181万9,800円


タントカスタム

ダイハツのタントカスタムは、ファミリー向けのハイトワゴン系のタントをスポーティに仕上げた一台。タントカスタムもタント同様、全高1750mmのハイルーフ型で助手席側のリアドアをスライドドアとし、ピラーをなくしたことで生み出されるミラクルオープンドアと呼ばれる広大な乗降スペースが他車にはない大きな魅力。今回のフルモデルチェンジによって両側スライドドアとなり、衝突軽減ブレーキのスマートアシストも搭載。エクステリアもタントに比べ、タントカスタムはLEDイルミネーションのついた大型グリルを備え、ヘッドライトとテールランプをLEDとして先進性をアピールしたデザインが採用されている。さらにイーステクノロジーによってターボモデルでも燃費性能を26.0km/Lまで引き上げ、全グレード免税対象になっている。フルモデルチェンジ直後ということもあり注文殺到している状態なので若干納車が遅れ気味。いまなら注文後3ヶ月程度で納車してもらえるはず。

タントカスタム目標値引き額:5万円

タントカスタムの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。フルモデルチェンジ後の新型タントカスタムであっても例外ではなく、ライバルのスズキのスペーシアカスタムやホンダのN-BOXカスタムとしっかりと競合させれば値引きを引き出せるはず。オプションを含めて12万円の値引き目標で攻めよう。


【基本データ】
登場年月 : 2013年10月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 147万円~175万1,000円


新型タント

ダイハツのタントは、今では売れ筋のハイトワゴン系の先駆け的存在。タントはデビュー当時から子育て世代から圧倒的な人気がある一台。事前に約100名の親子にリサーチしたこともあり、その成果が随所にちりばめられている。全高1750mmのハイルーフ型で助手席側のリアドアをスライドドアとし、ピラーをなくしたことで生み出されるミラクルオープンドアと呼ばれる広大な乗降スペースが他車にはない大きな魅力。タントだからこそできる子供と手をつないだままの乗り降りや大きな荷物の積みおろしといった多彩なシーンで重宝すること間違いなしである。今回のフルモデルチェンジによって両側スライドドアとなった。衝突軽減ブレーキのスマートアシストも搭載。さらにイーステクノロジーによって燃費もライバルのスズキのスペーシアの29km/lには届かなかったが28km/lの低燃費を達成している。フルモデルチェンジ直後は注文殺到が予想されるが、しっかりとした生産体制が整えられているので注文後1~2ヶ月程度で納車してもらえるはず。

タント目標値引き額:5万円

タントの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。フルモデルチェンジ後の新型タントであっても例外ではなく、ライバルのスズキのスペーシアやホンダのN-BOXとしっかりと競合させれば値引きを引き出せるはず。オプションを含めて12万円の値引きができれば素晴らしい。


【基本データ】
登場年月 : 2013年10月
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 125万~150万円


ミライース

ダイハツのミライースは、登場した際JC08モードで燃費が30km/lというガソリン車ながらハイブリッド並の燃費で話題となった軽自動車。そのミライースが、マイナーチェンジによって更に燃費が33.4km/lに向上した。そのため1回給油の航続距離はなんと1002kmである。
燃費だけを追い求めた安かろう悪かろうの軽自動車と思いきや、ダイハツの開発陣の血のにじむような努力によって、素晴らしい車に仕上がっている。最新技術のエコアイドル(時速11km以下でアイドリングストップする機能)や後席の快適性確保など、ミライースは先進性やおさえるところはきちんとおさえている。しかもMCによって衝突回避支援システムのスマートアシストが採用され安全性も向上し、静粛性も高まっている。しかもMCによって基本性能が大幅に向上したにも関わらずベーシックグレードは、それぞれ5万円値下げされており、一番安いグレードで74万5,000円とかなりお買い得な一台となっている。これほどの人気のミライースだが、今なら1~2ヶ月程度で納車してもらえる。

ミライース目標値引き額:8万円

ミライースの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただ軽自動車にもミライースに劣らない、

タントエグゼ

ダイハツのタントエグゼは、ハイトワゴン系で絶大な人気を誇るタントの派生モデルの軽自動車である。タントエグゼのエグゼは、エグゼクティブを意味し、タントに比べ上質で高級に仕上がっているのが特徴。内装はシックでクッションが厚いソファ感覚のシートにセンターアームレストを採用している大人に似合う一台である。ただしタントエグゼの場合、乗用車っぽさを強調しているためか全てのドアはヒンジドアを採用(タントではスライドドア)。ターボエンジンを搭載したモデルも設定されているので、普通車からのダウンサイザーにもおすすめの一台である。タントエグゼは、生産体制が安定しているため1~2ヶ月程度で納車が可能。

タントエグゼ目標値引き額:12万円

タントエグゼの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。とくにタントエグゼは登場から3年以上経過しており、ライバルのスズキのスペーシアやホンダのN-BOXが新しいこともあり、競合させれば値引きに応じてくれるはず。オプションを含めて16万円の値引きを目標に交渉しよう。


【基本データ】
登場年月 : 2009年12月(2012年9月一部改良)
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 117万~161万1000円


ミラココア

ダイハツのミラココアは、女性の好みにあわせたコロッとしたフォルムが特徴の癒し系ハイトワゴン軽自動車である。室内も広く、たっぷりと厚みをもったクッションシートは長距離ドライブにも適している。比較的運転もしやしく、エンジンにはイーステクノロジーが搭載されているため燃費も26.okm/lと実用性も非常に高い。ミラココアの場合、生産体制が安定しているため今なら1~2ヶ月程度で納車してもらえる。

ミラココア目標値引き額:10万円

ミラココアの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。競合させるのにおすすめながスズキのアルトラパン。「どちらもかわいいので迷っている」と言って競合させよう。また、人気の高いワゴンRやホンダのN-BOXと競合させて揺さぶりをかけるのも効果がある。オプションを含めて14万円の値引きを目標に交渉しよう。


【基本データ】
登場年月 : 2009年8月(2012年4月マイナーチェンジ)
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 113万~151万7000円


ムーヴコンテ

ダイハツのムーヴコンテは、ムーヴをベースにした角ばったスクエアデザインが特徴の軽自動車である。スクエアタイプのため室内は十分に広く、シートもクッションが厚いため座りやすく、居心地のよい空間に仕上がっている。ムーヴ譲りの豊富で使い勝手良い収納やエンジンにはイーステクノロジーが搭載されているため燃費も26.okm/lと実用性も非常に高い。ただし、ラゲッジスペースが思ったより広くないので確認が必要。ムーヴコンテの場合、生産体制が安定しているため今なら1~2ヶ月程度で納車してもらえる。

ムーヴコンテ目標値引き額:10万円

ムーヴコンテの大幅値引きを引き出す方法
基本的に軽自動車で車両価格が低いため大きな値引きは期待できない。ただこのクラスは、各社がしのぎを削る激戦区なのでしっかり競合させれば値引きを引き出せる。真の競合はスズキのアルトラパンだが、人気の高いワゴンRやホンダのN-BOXと競合させて揺さぶりをかけるのも効果がある。OEMでトヨタにはピクシススペースがあるが、こちらは値引きが渋いので、あえて競合させる必要はない。オプションを含めて14万円の値引きができれば素晴らしい。


【基本データ】
登場年月 : 2008年8月(2012年4月マイナーチェンジ)
取扱店 : ダイハツ全店
価格帯 : 112万~161万1000円


1