スズキ

新車ブログ > ▼メーカー別 » スズキ

スズキ 車種別目標値引き額一覧

クルマの買い替えなら更に割引きを引き出せる!
もしあなたがすでに車に乗っていて、新車と乗り換えるつもりなら、新車の割引きだけではなく、今乗っている車の本当の買取価格を知っておくことは重要です。
「すでに10万キロ超えてるし、無料で引き取ってくれさえすればそれでいい」と思っていても、プロに査定してもらうとディーラーでは全く値段がつかなかった車が高く買い取ってくれた!というケースもザラです。適正な買取価格を知れば、不当に買いたたかれることもなく20万円も得したケースもあります。

方法はいたって簡単。ネットで査定に申し込むだけ。たった30秒程度の入力ですぐに愛車の価格がわかります。

ほんの少しのひと手間で○○万円得するかもしれません。まずは、かんたん車査定ガイドであなたの愛車の価格を申し込んで愛車の適正な価値を知りましょう。

→→申し込み簡単の愛車無料査定はこちらから



新型ソリオ

スズキのソリオは、大人4人がしっかり乗れる両側スライドドアのコンパクトハイトワゴンである。当初は軽自動車であるワゴンRのシャーシを流用していたが、車格を大きくしてからは居住空間は非常に高く、大柄な男性4人でも余裕で乗れるし、ミニバンなみの積載量と収納力を誇るため、使い勝手は非常に高い一台に仕上がった。今回のフルモデルチェンジによって新開発のプラットフォームに加えて新エンジンを搭載。モーターアシストを採用するマイルドハイブリッドにより、燃費も27.8km/Lを実現。2480mmのロングホイールベースにより外寸を大きくすることなく、室内長が大幅に向上している。安全性能に関しても、スズキ自慢のデュアルカメラによって、車だけではなく歩行者にも対応し、対応速度は5~100km/hまで広がりクラストップレベルである。またソリオは、従来どおり両側スライドドアを採用し後席スライドなどユーティリティーが豊富。しかも、前後席間の移動ができるセンターウォークスルーのため、狭い駐車場などでもスライドドアで乗り込み後席から前席に移動するといった使い方も可能で非常に便利。まさにソリオは、多人数で乗らないのでミニバンは必要ないけれど、ミニバンみたいに大人がゆったり乗れるコンパクトを求めている人にとってはかなりおすすめの一台である。生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるケースが多い。

ソリオ目標値引き額:10万円

ソリオの大幅値引きを引き出す方法
ソリオの場合、現在値引きは渋く、5万円引きとしているお店がほとんど。トヨタのラクティスやホンダのフリードスパイクなどと競合するのが妥当だが、ソリオ(または三菱のD:2)で同士討ちが最も効果的である。オプション込みで15万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2015年8月
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 145万4,760~202万7,160円


新型アルト

スズキのアルトは、ベーシックなスタイルの軽自動車である。そのアルトがフルモデルチェンジによって強い印象を与えてくれるデザインで生まれ変わった。驚異の車重600kg台を達成させて、JC08モード燃費もハイブリッド車であるトヨタのアクアに匹敵する37.0km/Lを実現。アルトはベーシックなスタイルながら大人4人がしっかりと過ごせる空間を確保されているが、収納やラゲッジはごく普通。アルトは比較的生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車される見込み。ちなみにこのアルトはマツダにキャロルという車種名でOEM提供されている。

アルト目標値引き額:8万円

アルトの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。とくにアルトの場合、販売価格が低く抑えられていることに加え、人気車種ということもあり、値引きは渋い。ダイハツのミラを競合させながら、スズキ店とアリーナ店との同士討ちでとどめを刺そう。オプション込みで14万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2015年1月
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 84万7,800~124万5,240円


ワゴンR

スズキのワゴンR(ワゴンアール)は、軽自動車の中で安定して高い人気を維持しているベストセラーカーである。ワゴンRの特長は何と言っても居住空間と荷室が広くて使いやすいということ。大人4人が乗っても快適な実用性の高さはワゴンRの最大の魅力で、外見やインテリアの質感などいい意味でこなれているので、選んで間違いのない一台でおすすめできる。キープコンセプトのため外見の変化はそれほどみられないが、減速する力で発電するSエネチャージなどかなり進化している。しかも最近のマイナーチェンジによって、燃費がクラスナンバーワンの32.4km/lとさらなる低燃費を達成している。しかもぶつからないブレーキや後退時左右確認サポート機能や自働俯瞰機能など他車にはない先進技術を積極的に取り入れている点も見逃せない。毎月かなりの台数が売れているが、生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるケースが多い。

ワゴンR目標値引き額:8万円

ワゴンRの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。xただしワゴンRの場合、チェンジ後ではあるが激戦クラスのため、ダイハツのムーヴやホンダのライフなどと競合させると比較的大きな値引きを引き出しやすい。最終的にはマツダにOEM提供されているフレアやスズキ店とアリーナ店との同士討ちでとどめを刺そう。オプション込みで15万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2012年9月(2014年8月MC)
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 107万8920~149万3640円


ハスラー

スズキのハスラーは、軽ワゴンとSUVを融合させたクロスオーバーの新ジャンル軽自動車である。ハスラーはまさに新鮮かつ実用的で、どこにでも行けそうな独自の存在感を持ったシルエットは、個性を重視するこだわり派の心をくすぐるに違いない。当然外見だけではなく、ヒルディセント・コントロールやグリップ・コントロールが装備しているので高い走破性を発揮してくれる。しかも、エネチャージやエコクールなどの先進環境技術が搭載により、燃費も29.2km/L(2WD)と低燃費を実現している。まさにハスラーは、スズキの本気と挑戦が高次元に両立された素晴らしい一台に仕上がっている。現在ハスラーは人気が高いが、生産が安定しているので納期は注文から2ヶ月程度で納車されるケースが多い。

ハスラー目標値引き額:8万円

ハスラーの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。しかもハスラーは新ジャンルの軽SUVということもあり大きな値引きを引き出すのは困難。スズキ店とアリーナ店との同士討ちで地道に値引きを引き出していこう。オプション込みで15万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2013年12月
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 104万8950~157万6050円


スイフト

スズキのスイフトは、スズキが世界戦略車として開発され、国内では最も走行性能が高いとの声も高いコンパクトカーである。先代と見た目はあまり変わらないが、軽量化・剛性の強化・ホイールベースの拡大などプラットフォームを一新し運転性能と居住性をより高め洗練されている。切れのいいスポーティーなハンドリングと日常での走行での乗り心地が絶妙に両立されており、走りは秀逸。居住性は標準的だが、コンパクトカーで新車を探しているなら是非とも候補に入れておくべき一台。最近のマイナーチェンジによって、新型のデュアルジェットエンジンが搭載され、これに加えてワゴンRで実用化したエネチャージやエコクールといった低燃費技術をしっかりと搭載し26.4km/lの低燃費を実現させている。スイフト自体の供給は安定しているので、注文から約1~2ヶ月程度で納車が可能だ。

スイフト目標値引き額:18万円

スイフトの大幅値引きを引き出す方法
スズキの場合、都市部に比べ地方部のほうが値引きが渋い傾向にある。ディーラーとの交渉によって


スペーシア カスタム

スズキのスペーシア カスタムは、ハイトワゴンのスペーシアを男性やダウンサイジング目的のユーザーを狙ったカスタム仕様にした軽自動車である。スペーシアの場合、どうしても女性がメインターゲットになるためファニーな印象であったが、スペーシアカスタムは、LEDイルミネーションのフロントグリルやエアロタイプのエクステリアの影響でグッと男らしいスタイルに仕上がっている。しかもベースはスペーシアなので、実用性は高い。大人4人がしっかり乗れる広大な居住空間や、エネチャージや時速13km以下で作動するアイドリングストップ、エコクールなどの最先端技術が豊富に盛り込まれている。唯一の欠点は、重量増によりスペーシアに比べ燃費が27.8km/lと少し下がっているが、ターボは26km/lとターボ車トップクラスの数値を叩きだしている。スペーシアカスタムはかなり人気車種ではあるが、生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるだろう。

スペーシアカスタム目標値引き額:5万円

スペーシアカスタムの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。しかも登場したばかりのスペーシアカスタムは、登場したばかりなので、値引き交渉は難航するだろう。ホンダのNboxカスタムやダイハツのタントカスタムなどと競合させると効果的。最終的にはスズキ店とアリーナ店との同士討ちで根気よく交渉していこう。オプション込みで12万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2013年6月
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 141万2,250~174万5,100円


MRワゴン

スズキのMRワゴンは、スクエアボディーが特徴の女性向けのハイト系ワゴンの軽自動車。MRワゴンは、おしゃれで機能的なインテリアが最大の特徴で、インパネはホワイトとブラックのツートンカラーやタッチパネル式のオーディオを搭載したり、収納が多彩にそろうなど女性向けの味付けになっている。荷物も沢山積めて後席もフラットになるし、燃費もトップレベルのバランスよい一台に仕上がっている。MRワゴンは、生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるケースが多い。

MRワゴン目標値引き額:10万円

MRワゴンの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。ただハイトワゴン系は激戦区のため、ホンダのライフやダイハツのムーヴコンテなどと競合させると比較的大きな値引きを引き出しやすい。現在人気の高いN-BOXなどといった新型と競合させても効果的である。オプション込みで15万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2011年1月(2012年5月一部改良)
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 113万1900~151万950円


アルトラパン

スズキのアルトラパンは、独特のレトロモダンな雰囲気が魅力のロングルーフタイプの軽自動車。スクエアボディーのため車両感覚がつかみやすく運転がしやすい。アルトラパンは、その名が示す通りメーターやエンブレムなどの所々にウサギマークが隠されている。スクエアフォルムのボディによって室内も広々で、外見よりも広くて快適だが、後席の居住性が思ったほど広くないので確認が必要。とはいえ、アルトラパンは女性にとってはおしゃれで運転しやすい注目の一台である。アルトラパンは、生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるケースが多い。

アルトラパン目標値引き額:10万円

アルトラパンの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。ただ比較的競合が多い車種のため、しっかりと競合させれば比較的大きな値引きを引き出しやすい。とくにダイハツのミラココアとは必ず競合させよう。また現在人気の高いN-ONEといった新型と競合させても効果的である。オプション込みで15万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2008年11月(2012年12月一部改良)
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 104万7900~156万4500円


スペーシア

スズキのスペーシアは、パレットの後継モデルとなる全高が1700mmを超えた両側スライドドアを備えたミニバンライクなハイトワゴンの軽自動車である。スペーシアの最大の特長は何と言っても居住空間の広さで、足元や頭上に余裕があるため大人4人がしっかり乗れること。さらに今回の新型は、エネチャージや時速13km以下で作動するアイドリングストップ、エコクールなどの最先端技術が豊富に盛り込まれている。そのため、JC08モードで29.0km/lという驚異的な低燃費を実現している。唯一の欠点は、スライドドアを開いたときの間口がやや狭いことくらい。かなり人気ではあるが、生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるだろう。

スペーシア目標値引き額:5万円

スペーシアの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。しかも登場したばかりのスペーシアは、登場したばかりなので、値引き交渉は難航するだろう。ホンダのNboxやダイハツのタントなどと競合させると効果的。最終的にはスズキ店とアリーナ店との同士討ちで根気よく交渉していこう。オプション込みで12万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2013年2月
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 124万~160万8600円


アルト・エコ

⇒⇒⇒新型アルトはこちらをクリック

スズキのアルトエコは、アルトの派生車種でダイハツのミライース同様、燃費性能を追求した軽自動車。アルトエコの最大の特長は、何と言っても燃費。JC08モードで33.0km/lというノーマルエンジン車では最も優れた低燃費を実現している。空気抵抗を減らすために車高を低くしたり、フロントバンパーの形状を変更したりと低燃費実現のための開発陣による努力の積み重ねが見られる。またアイドリングストップシステムについては停車時だけではなく、ブレーキを踏んで速度が9km/h以下の状態でも作動するように設計されている。アルトエコの欠点をあげるなら、今のところリアシートのヘッドレストが省略されていることくらい。クルマは移動手段のためのツールだからと、あまりお金をかけたくないという人には最適な一台。比較的多くの受注を抱えているが、生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるだろう。ちなみにこのアルトエコもアルト同様マツダにキャロルエコという車種名でOEM提供されている。

アルトエコ目標値引き額:5万円

アルトエコの大幅値引きを引き出す方法
軽自動車は基本的に価格が安いため大きな値引きは狙いづらい。とくにアルトエコの場合、販売価格が低く抑えられていることに加え、人気車種ということもあり、値引きは渋い。ダイハツのミライースを競合させながら、スズキ店とアリーナ店との同士討ちでとどめを刺そう。オプション込みで12万円取れたら御の字だ。


【基本データ】
登場年月 : 2011年12月
取扱店 : スズキ全店
価格帯 : 89万5,000~99万5,000円


ソリオ

スズキのソリオは、大人4人がしっかり乗れる両側スライドドアのコンパクトハイトワゴン。これまでは軽自動車であるワゴンRのシャーシを流用していたが、現行型は新プラットフォームを採用したため、居住空間は非常に高く、大柄な男性4人でも余裕で乗れるし、ミニバンなみの積載量と収納力を誇るため、使い勝手は非常に高い。両側スライドドアを採用し後席スライドなどユーティリティーが豊富。しかも、前後席間の移動ができるセンターウォークスルーのため、狭い駐車場などでもスライドドアで乗り込み後席から前席に移動するといった使い方も可能で非常に便利。まさにソリオは、多人数で乗らないのでミニバンは必要ないけれど、ミニバンみたいに大人がゆったり乗れるコンパクトを求めている人にとってはかなりおすすめの一台。走行性能については、走りに定評があるスイフトと譲りの1.2lエンジンとCVTの組み合わせのため非常になめらかであるが、ハイトワゴンという性質上、大きな期待はできない。生産が安定しているので納期も注文から1~2ヶ月程度で納車されるケースが多い。

ソリオ目標値引き額:18万円

ソリオの大幅値引きを引き出す方法
ソリオの場合、トヨタのラクティスやホンダのフリードスパイクなどと


1