SUV

新車ブログ > ▼車種別 » SUV

SUV 車種別目標値引き額一覧

クルマの買い替えなら更に割引きを引き出せる!
もしあなたがすでに車に乗っていて、新車と乗り換えるつもりなら、新車の割引きだけではなく、今乗っている車の本当の買取価格を知っておくことは重要です。
「すでに10万キロ超えてるし、無料で引き取ってくれさえすればそれでいい」と思っていても、プロに査定してもらうとディーラーでは全く値段がつかなかった車が高く買い取ってくれた!というケースもザラです。適正な買取価格を知れば、不当に買いたたかれることもなく20万円も得したケースもあります。

方法はいたって簡単。ネットで査定に申し込むだけ。たった30秒程度の入力ですぐに愛車の価格がわかります。

ほんの少しのひと手間で○○万円得するかもしれません。まずは、かんたん車査定ガイドであなたの愛車の価格を申し込んで愛車の適正な価値を知りましょう。

→→申し込み簡単の愛車無料査定はこちらから



CX-3

マツダのCX-3は、デミオをベースとしたコンパクトクロスオーバーSUV。このCX-3も、マツダの象徴的アイコンである魂動デザインが取り入れられているので、他のSUVとは一線を画した独特のスポーティでシャープなプロポーションに仕上がっている。兄貴分のCX-5に比べてちょうど一回り小さくまとめられており、全高も1550mmと立体駐車場に入庫も可能だ。エンジンラインナップはデミオと共通の1.5Lディーゼルターボのみであるが、スペックはCX-3用にチューニングされており、トルクアップと静粛性の向上が実現されている。しかも25km/Lで低燃費に仕上がっているのが秀逸。唯一、車体がコンパクト故に後部座席が狭いのが難点。とはいえマツダの本気を十分に感じることができるSUVでまさにおすすめの一台。CX-3は非常に人気の高いため、注文から約2ヶ月以上は覚悟しよう。

CX-3目標値引き額:7万円

CX-3の大幅値引きを引き出す方法
最近のマツダの新型車は、値引きはかなり渋い。ディーラーではほぼ3~5万円の値引きでストップされてしまうケースがほとんど。それでもヴェゼルハイブリッドをメインにスバルのXVハイブリッドや日産ジュークなどを競合にぶつけていくとある程度効果あり。オプション込みで12万円取れたら御の字だ。

【基本データ】
登場年月 : 2015年2月
取扱店 : マツダ全店
価格帯 : 240万~320万円


アクアX-URBAN(アクアXアーバン)

燃費世界ナンバーワンのハイブリッド車であるトヨタのアクアに、クロスオーバースタイルのアクアX-URBANが新設定された。アクアX-URBANは、アクアに専用のフロントグリルやフロントスポイラー、サイドマッドガード、ルーフモール、16インチアルミホイール、約20mmアップさせたサスペンションなどSUV風に仕上げられた一台。驚くのは11色のボディカラーに加え、先ほどのパーツカラーを塗り分けてツートンカラーに仕上げていること。これらのカラーを組み合わせれば実に33通りから選ぶことができる。インテリアも改良されており、ソフトパッドやメッキモールなど追加され上質に仕上がっている。人気御SUV風に味付けしたことで注文が殺到されることが予想できるが、アクア自体安定供給できているため1~2ヶ月程度で納車が可能となっている。

アクアX-URBAN目標値引き額:12万円

アクアX-URBANの大幅値引きを引き出す方法
発売当初の爆発的な人気はほぼ落ち着いている。ただし、人気車種ためアクアの値引きは渋い。トヨタ系列のディーラー全店舗で注文できるため、複数店舗で競合させて、少しでも多くの値引きを狙ってみるのもよいかも。目安としてはオプションを含めて20万以上の値引きをゲットできれば御の字。

【基本データ】
登場年月 : 2014年12月
取扱店 : トヨタ全店
価格帯 : 204万6,109円


CX-5(CX5)

マツダのCX-5(CX5)は、マツダの新世代エコテクノロジー「SKYACTIV(スカイアクティブ)」が投入されているクロスオーバーSUVである。すでにスカイアクティブエンジンが搭載されているデミオやアクセラとは違い、エンジンだけではなく、軽快感や安定感、上質な乗り心地を実現した軽量高機能シャーシ「スカイアクティブシャーシ」や、操舵安定性や衝突安全性能を向上させた軽量高剛性ボディ「スカイアクティブボディ」が採用され、「スカイアクティブテクノロジー」を全面的に採用された初めての車種でもある。今回のマイナーチェンジによって、ヘッドライトはAHLが採用され、フロントフェイスが精悍になった。

CX-5で特に注目すべきは、クリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルがあることで、新開発の2.2Lディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 2.2」によって、18.6km/Lの優れた低燃費を実現しつつ4.0Lガソリン車並みの力強い走行性能を両立している。ハイブリッド車並みの燃費性能とSUVの走破性を跳ね備えた注目の一台である。さらにマイナーチェンジによってマツダコネクトが採用され、さらに使い勝手が向上した。現在、ディーゼルが人気を博しており、納期もディーゼルモデルのXDがやや待つことになるがそれでも2ヶ月程度に落ち着いた。

CX5目標値引き額:20万円

CX5の大幅値引きを引き出す方法
フルスカイアクティブモデルは、社として値引きの引き締めをしているが、登場してからある程度経つので、値引きも緩み最初から10万円割引いて交渉してくるところがほとんど。日産のエクストレイルやトヨタのヴァンガードと競合させて、攻めれば相手も折れてくれるはず。オプション込みで30万円を目標に頑張れ。


【基本データ】
登場年月 : 2014年11月
取扱店 : マツダ全店
価格帯 : 244万6,200~348万8,400円


エクストレイル

日産のエクストレイルは、道具としての武骨なデザインが支持されていたが、今回のフルモデルチェンジによってデザインは良くも悪くも一気に洗練された。とはいえ、元々のよさである防水加工のシートやアクティブライドコントロールなどで従来のファンにも満足できる一台となっている。注目のパワートレインは、2.0L直4のガソリンエンジンのみ搭載され、旧モデルにラインナップされていたクリーンディーゼルは今のところ設定はなく、近々ハイブリッドモデルが追加される。今回から3列シートの7人乗りも選べるようになり、ファミリー層にもおすすめの一台である。エクストレイルは納期が安定しているので、注文して1~2カ月程度で納車されるはず。

エクストレイル目標値引き額:20万円

エクストレイルの大幅値引きを引き出す方法
フルモデルチェンジしたとはいえ、各社から魅力的なSUVが出ているので、スバルのフォレスターやマツダのCX-5などと競合させれば比較的大きな値引きを提示してくれるケースが多い。ある程度粘って交渉すれば、比較的容易に目標の値引き金額をゲットできるはず。オプション込みで35万円取れたら万々歳。

【基本データ】
登場年月 : 2013年12月
取扱店 : 日産全店
価格帯 : 231万3360~326万7000円


ヴェゼル

ホンダのグローバルコンパクトシリーズの一翼を担う新型SUVのヴェゼル(VEZEL)は、SUVの力強さにクーペのあでやかさと使いやすいミニバンを高次元で融合させた新感覚ビークルがコンセプトの新しい車である。ヴェゼルのボディサイズは、全長4295×全幅1770×全高1605mmで、ホイールサイズも16インチ(上級グレードは17インチの予定)と現実的なサイズに落ち着き、ヘッドライトがシャープな2眼LEDが採用され、スタイリッシュなデザインに仕上がっている。パワートレインはフィットにも採用された1.5L直噴エンジンを搭載、i-DCDを採用したハイブリッドモデルもラインナップされており、J08モード燃費では通常モデルで17.0km/L、ハイブリッドモデルで24.2km/Lを実現している。非常に人気が高く、特に注文はハイブリッドモデルに集中しているため、ハイブリッドモデルについては注文から納車まで4ヶ月以上かかってしまう見込みである。

ヴェゼル目標値引き額:8万円

ヴェゼルの大幅値引きを引き出す方法
ホンダは全般に値引きは渋い傾向で、特に注文が殺到しているヴェゼルの場合も値引きは5万というディーラーが多く、値引きはかなり渋い。きちんと競合をからめて交渉すれば、目標の値引きを引き出せる。具体的には、日産のジュークあたりが効果的。満足できる値引きを引き出せる可能性が高い。最後は経営資本の異なるホンダディーラー同士で競わせてとどめを刺そう。オプション込みで15万円取れたら万々歳。


【基本データ】
登場年月 : 2013年12月
取扱店 : ホンダカーズ店
価格帯 : 187万~268万円


新型ハリアー

トヨタのハリアーは、高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUVとして開発され、高級クロスオーバーSUVという新たなジャンルを切り開いた一台である。そして10年以上を経ていよいよフルモデルチェンジされNEWハリアーとして生まれ変わった。新型ハリアーは、BMWやアウディといった欧州のプレミアムSUVにも引けをとらない高い質感が魅力で、精悍なエクステリアが特徴的である。パワートレインも2l直4ガソリンエンジンモデルと2.5L直4+モーターのハイブリッドにリアモーターを搭載したE-Fourハイブリッドモデルの2種類が用意されている。燃費の方も2WDガソリンモデルで16km/L、ハイブリッドモデルで21.4km/Lと向上している。インテリアも上質にまとめられており、居住性も改善されている。すでに予約を受け付けているが、相当数の注文が入っているので、納車が遅れ気味になるがどうしても欲しい人はすぐにでもディーラーに行って交渉しよう。

ハリアー目標値引き額:5万円

ハリアーの大幅値引きを引き出す方法
ハリアーは元々人気の高いSUVで、さらに10年ぶりのフルモデルチェンジということもあり値引きは非常に厳しい。そのため現状5万円を超える車両本体から値引きを、引き出すことはかなり困難。値引きはオプションから引き出した方が現実的である。本気の買う気をちらつかせつつ、短期決戦で交渉しよう。オプション込みで15万円取れたら万々歳である。


【基本データ】
登場年月 : 2013年11月予定
取扱店 : トヨペット店
価格帯 : 305万~447万円


ジューク

コンセプトカーをそのまま市販化したようなデザインが結構過激な日産のジューク。登場するやいなや話題となり、エクストレイルをまたたく間に抜き去り、SUVのジャンルでは日産車の中では最も売れる車種となった。強烈に個性的なクロスオーバーSUV風のスタイリングに目が行きがちであるが、全幅1765mmの3ナンバーボディに1.5Lエンジンを搭載したFF車でありながら、俊敏なハンドリングと機動性の高さも大きな特長である。また今回のMCによって懸案だった燃費も18.0km/Lまで向上し、車両安定制御装置であるVDCが全車標準装備され安全性も確保されている。人気車種ではあるが最近落ち着いているので、注文から約1~2ヶ月程度で納車可能。

ジューク目標値引き額:25万円

ジュークの大幅値引きを引き出す方法
他車との競合が難しいため、コツは経営母体の違う日産ディーラー同士でジュークを競合させること。

XV

スバルのXVは、インプレッサスポーツをベースに開発されたSUVである。XVは悪路走破に対応するため最低地上高は200mmを確保している本格派SUVだが、全高は1550mmに抑えられているため立体駐車場にも対応するなど使い勝手はよい。乗り心地は少々硬めだが、2000ccの水平対向エンジンが搭載されているので余裕のある走りで、走行安定性は優れている。アイサイトも装着できるので、安全性も文句なしである。。現在予想以上の人気を博し、納期は遅れ気味だが、注文から2~3ヶ月程度で納車の見込み。

XV目標値引き額:18万円

XVの大幅値引きを引き出す方法
XVの場合、現在でも根強い人気を誇り、しかも値段設定も比較的お値打ちなのでディーラーによっては値引きが厳しいところもある。ただし、上手に競合させれば


アウトランダー

三菱のアウトランダーは、典型的なSUVでありながら3列シートの7人乗りができるSUV。4WDのシステムは、電子制御式で3つの走行モードを自由に切り替えることが可能となっている。さらに先進の安全装備であるe-アシストはミリ波レーダーを使った衝突防止・回避・軽減のシステムで高い安全性を保持している。7人乗りのため、居住性やラゲッジスペースがやや中途半端感があるが、多人数乗りのSUVが欲しい人にとっては非常に魅力的な一台である。ちなみに、納車は1~2ヶ月程度。

アウトランダー目標値引き額:18万円

アウトランダーの大幅値引きを引き出す方法
登場したばかりだが上手に交渉していけばある程度の値引きを引き出すことができる。競合車として、スバルのフォレスターやマツダのCX-5をぶつけながら交渉すれば、思うような値引き額に近づけることができる。現状では、全体で22万円の値引きをゲットできれば合格。


【基本データ】
登場年月 : 2012年10月
取扱店 : 三菱店
価格帯 : 242万7000~310万円


フォレスター

スバルのフォレスターは、新世代のクロスオーバービークルとして人気の高いSUV。今回のフォレスターのフルモデルチェンジによって、さらにSUVテイストを強め、室内ユーティリティを向上させている。ただし、低重心設計やシンメトリカルAWD、ボクサーエンジンなどスバルらしさはしっかりと受け継げられている。また、アイサイトといった安全技術も盛り込まれている。一方、インテリアは、ボディサイズの拡大に合わせて室内空間も広くなり、使い勝手はより洗練されている。乗用車のような快適な乗り心地をもちながら、本格的なオフロード走行も可能な本格的なモデルである。現在予想以上の人気を博し、納期は遅れ気味で、注文から2~3ヶ月程度はかかる見込み。

フォレスター目標値引き額:12万円

フォレスターの大幅値引きを引き出す方法
フォレスターの場合、フルモデルチェンジ後ということもあり本体値引きを引き出すのは厳しい。ただし、ディーラーの営業マンとの交渉に


1